間違えた方法でのサロントリートメンが髪を痛ませる原因!?

大阪の難波と和泉市でフリーランスの美容師をしている斉木です
髪は適切な技術をする事で綺麗になります
どんな美容師なのか?は下記の「詳しいプロフィール」をご覧ください

間違えたへアケア―で髪が痛む!正しい髪の知識!
人生で一度は使ってほしいおススメシャンプー、ヘアケア―の正しい知識などについて知りたい方はこちら!

サロントリートメントが髪を痛ませる!
「髪に栄養を入れて補修しますね」
「髪が痛んでいるんでトリートメントしますね」

美容室でよく言われる言葉ランキング上位にランクインです

しかし本当にトリートメントって必要?

勿論必要な時は必要です!でも必要のないのにサロントリートメントをしても全く意味がありません
あなたの髪質をしっかり判断して必要なのか?必要でないのか?を見極める事が必要です

ちなみに僕はサロントリートメントは必要ない派です!

大体がカットで髪がパサついていますし間違えた施術による事が多いですね

後はサロントリートメントによる髪のダメージです

目次

サロントリートメントが髪を傷める理由

なぜサロントリートメントが髪を痛ませるのか?

髪は栄養を入れても回復しません

でもなぜ栄養を入れるのか?

それは髪を扱いやすくする為


髪はダメージすると穴ぼこがあきます
ダメージホールと言われるやつです!



そこに!栄養と呼ばれるなんチャラケラチン(ppt)なんかを入れていくのです
そうすると髪の穴ぼこが収まりますよね?

でもでもそれだけじゃ外に出て行ってしまうのです
なので外に出で行かない様に色々接着剤みたいなもの定着させたり外からのコーティングで覆って栄養を閉じ込めたりするわけです!

そうする事で髪はさらっとした質感に大変身というわけです
べつにこれが悪いわけではありません!でもここからが重要です

まあ簡単に言えば一時の修復です!

でもでも現代のトリートメントは?一時の補修というより長持ちする補修
こいつが今回のカギとなるわけです!

よくこんなこと言われませんか?

このトリートメントは!長持ちしますよって言われません?

この長持ちってどういうことかと言いますと先ほどの栄養を入れて熱や化学反応で無理くり定着させていくオラオラ、ゴリゴリ系スタイルで攻めるトリートメンなんですよ!

まあ無理くり栄養を入れてとにかく髪の内部に定着させていく!オラオラ系スタイルです!

そして極めつけにシャンプーでは取れないような強力なコーティングで外に出にくくしていくという事です

でもこれって髪に負担かからない?という事になります
まあ無理やり化学反応なんかでやっているからね
それは痛むよってことです

この状態だと髪の正常な機能を失ったり!カラー、矯正、パーマ、の残留している薬剤を取り除かなくちゃいけないのに閉じ込めて髪を痛ませるといった事が起きるわけです

なのでカラ―なんかしたとのコーティング系のサロントリートメントなんてやべえーのですよ!
もちろんやってもいいトリートメントもあります


詳しくはこちら

髪は素の状態が綺麗なんです

髪は素の状態が綺麗です
どういうことかと言いますとコーティング剤や髪の毛になんにもついていない状態の事です

現代では流さないトリートメント、スタイリング剤、サロントリートメント
それだけだなくカラー剤なんかに含まれるトリートメント成分なんかで髪はコーティングされていきます

(+市販のシャンプーによる髪の残留物質なんかも髪を痛ませます)

この状態ってつまりずっと髪になんか引っ付いている状態という事です

この状態だと髪の正常な機能を果たせなかったりして髪が痛んでいくという事です

でも素の状態をキープする事で髪は正常な機能を果たすことができます

でも素の状態だと髪が絡まる!超重要!!

でもですね素の状態だと髪質により髪が絡まる
と言った事が起きます

そんなときにトリートメントを使います

でもでもそれじゃさっきと一緒じゃね~か?

ところがどっこい!

さっきのお話は強力な化学反応を起こさせたり熱に反応させたりするといったサロントリートメントです

持続性を高めるために強力なにしたトリートメントですね

べつにトリートメントが悪いわけではないです

ただ毎日シャンプーするんだから別に持続させる必要なくね?って話です

要はどのみち毎日シャンプーしてトリートメントをするんだから別に強力なシャンプーで落ちないようなトリートメントは必要ないってことです

その日を扱いやすくする程度のトリートメントがいいじゃないの?ってことです

つまり一日でトリートメント効果は消える!シャンプーで洗い落とす事が出来る
そしてまた素の状態にして再度一日だけ綺麗にするトリートメントをしていく

たったこれだけで髪はキレイになるってことです
というより髪を綺麗に保つっていった方がしっくりきますね
だって髪は今以上に改善しませんし回復なんかはしませんからね痛んだら痛んだままです

まとめるとこんな感じです!

現代の強力な持続型サロントリートメントは?

シャンプーでも落ちないように栄養を何らかの方法で定着させてさらにコーティングして髪を持続させる
常に髪に何か引っ付いている状態
(ただこのアプローチ方法でも良い場合もあり!とはいえトリートメントに詳しい美容師でないとダメです)

素の状態にして髪を綺麗にする!!

髪になるべくコーティングさせないようにする
つまり素の状態!
しかし素の状態だと髪質、ダメージで絡まるのでそこで持続性なんか無視した!その場だけ綺麗に扱いやすくするとりートメントをする
そしてまたシャンプーで流して素の状態に戻す
この繰り返し!が一番髪にとっていいではないのか?

髪の毛は痛んでいくもの

髪は生まれた時が一番きれいな状態!
そこから日々の生活の中で髪を濡らしたり、摩擦、熱なんかで痛んでいきます


つまり人間の老いと一緒です!
老いを停める事は出来ません!
必ず年を取っていきます

でもなるべくそれをゆっくりする事は可能です

20代の身体の状態を30代にもっていく
30代の身体の状態を40代にもっていく

と言った事ですね

まあアンチエイジングですね!

髪の毛も一緒で必ず痛んでいきます
でもそれをなるべく痛ませない様にする!

それに必要なのが正しいシャンプ―トリートメントであったり美容室での正しい施術であったりするのです

必要でないサロントリートメントをする事で髪が痛んでしまう
これはいくら最高級のトリートメントでも一緒ですからね!

悲しきかな?使いどころや間違えた施術で痛んでしまうという事ですね

サロントリートメントが悪いわけではありませんが本当に必要な時にやると効果は抜群です

そしてやるとしてもトリートメントに詳しい美容師さんにお願いしたほうが良いです

シャンプ―に関してはこっちね




髪は正しい技術で綺麗になります

現代の間違えた施術で髪が痛む!そんなことが起っているもう美容室は世紀末時代に突入している!!
やばいよやばいよ!

  • 本当は髪が痛むヘアケア―
  • 流さないトリートメントの真実
  • シャンプートリートメントの目的
  • カットで髪が痛む!!?
  • サロントリートメントが髪を痛ませる!
  • 正しいヘアケア―を覚えよう!
  • もう騙されない美容室でのいらないメニュー

とそんな髪の正しいヘアケー知識!

正しい技術と正しいヘアケア―で髪は変わっていく物です!
なので美容師とあなたと一緒に髪を綺麗にしていくのです!!



正しいヘアケア―知識まとめ

情熱を込めたホームページはこちら

アメブロ記事のビフォ―アフター

良かったらフォローしてね!

ご予約はコチラ

ご予約はLINEかメールで24時間
受け付けております

電話では受け付けておりません

一日数名様限定です

LINEで簡単予約
登録して予約フォームから
・名前
・電話番号
・メニュー
・希望日時

で仮予約完了

⇩LINEで予約する⇩

友だち追加

メールで予約コチラ⇩

メールで予約コチラ

※サブのアドレスでも構いません
メールの場合たまに迷惑メールに入ることがありますので
返信がない場合は一度迷惑メールをご確認ください

場所

現在二つの美容室で活動しております

JR和泉府中駅徒歩5分にある美容室

(住所 大阪府和泉市府中町1-8-3)


南海なんば駅近く徒歩五分にある美容室
クラシックホテル大阪の四階

圧倒的丁寧な美容師
ヘアーカット研究科
正しい技術で髪はキレイになる!
特殊な薬剤を使わないでベースとなるカットで髪を綺麗にする!
髪質に合った適切な技術、ヘアケアで髪はキレイになる
全力で手を抜かずに髪を綺麗にする丁寧な美容師として活動中
一回目より二回目はより髪を綺麗に色々改善していき一緒に「似合う髪型」「素敵な髪型」を創っていきたい

おススメ記事

正しいヘアケア―記事

人生で一度使ってほしいと思う!シャンプー

お客様の感想

ご来店された方の感想の一部です
ダメなところ良かったところなど勿論あると思います
それを改善していい髪型を創っていけたらいいのではないかと思います
ご来店する際の参考になればと思います

目次
閉じる