髪の量が多い方への必勝髪型!多毛な人はどんな髪型が似合うの?

大阪の難波と和泉市でフリーランスの美容師をしている斉木です
髪は適切な技術をする事で綺麗になります
どんな美容師なのか?は下記の「詳しいプロフィール」をご覧ください

間違えたへアケア―で髪が痛む!正しい髪の知識!
人生で一度は使ってほしいおススメシャンプー、ヘアケア―の正しい知識などについて知りたい方はこちら!

髪の量が多い方への必勝髪型をご紹介する前に美容室でこんな事言ってませんか?

髪の量が多いので量を減らしてください!」
と言ってませんか?

とはいえほとんどの人が量が多いんで梳いてくださいと言っていると思いますし
美容師さんも遠慮なく梳きバサミを梳いてくと思います

ただもし間違えたカットでそのまますきバサミを使用しているとしたら
髪が無駄にパサパサしたり変な髪型になります

なので髪が多いからと言って「量を減らしてください!」は危険という事です!

まあ超絶テクニック変態美容師ならそれでもうまくカットしてくれますが
超絶ヘタッぴ美容師ならぼこぼこの髪にされるので気をつけてください

まあこの言葉美容師がお客さんに言われる
ランキングトップに君臨する言葉というぐらい多いのが現状です

確かに量は減るけど、毛先がスカスカや根元がすくことができないので

根元の量が多くて、毛先がスカスカ状態バランスが悪いスタイルになったりします


ならどうやって髪の量を減らしていくのか?

それが段差というテクニックです!
髪の量が多い方は、髪の段差を入れることで極力すきバサミを使うことなく軽いスタイルにできます
まあ髪質によって変わりますが

今回は写真を事例に段差について説明します

目次

髪の量が多い人は段差を入れて軽さをコントロール!

髪の量が多い人は極力段差を入れなければなりません

もし髪が多い人で段なしで軽くしてと言われたら
「変な髪型になりますが良いですか?」

と答えます
まあ誰も変な髪にはなりたくないですね

ちなみにこんな感じね!

段なしでとりあえず中をすいた感じです!
量が多くて外はねボブにしたい段を入れたくないと言えばとりあえずこうなります
あとはこれ以上梳いたり最後はアイロンなどでセットしして終わりとなりますがセットが出来なければまあいまいちな髪型となるでしょうね

とはいえ変にならないパターンもありますのでそこは髪質を見て判断しますね

もし段差を入れずに量をすいていくと厚みも
クソもない変なスタイルになります

段差を入れていないのでいくらすいても重みが取れません
カットの理論を理解していない美容師がすると
あれれ~おかしいぞ~!
重みが取れないもっとすかなくちゃ!
と思ってめちゃくちゃすいたりします

僕も新人の頃よくあれれ~おかしいぞ~と思っていました

その結果毛先だけが重いスタイルになっちゃいます

髪の量が多い方のおススメカットは基本段差を入れて
毛先の量を調整して、最小限の毛量調整で
すくだけでいいのです
あとは段差の入った好みのスタイルを選んでください
※髪質によってできない場合がある 正しい美容師に相談が必須!

髪が多いのに段差入れないですきバサミですくと失敗

段差を入れないので重たいスタイルになります

比べてもわかる通り 
右が段差を入れたカット
左が段差なし

右は自然に内側に入って丸みが出ます

しかし左は四角い重たいスタイル

これを無理やりすいてしまうとこうなります

右は一回毛先をすきバサミですいた感じです
十分軽さが出ています

好みによってもう少しすきバサミを使ってもいいと思いますよ!

次に左はああ~やっちまったな
やったなこれ!やばいね オワッタ!レベルです

段さが入ってないのですいても重さがとれないのです
だからすきバサミを多く使ってしまう!

すいてもすいても軽くならないからいつしかスカスカになってしまう!

毛先がはねたり
段差が入ってないので余計にすきバサミを使って
膨らんだり収まりが悪かったりします

一番多いのが中の毛をごっそりすいてしまう事
これが一番よくないです
髪型を変えるとき等に毛量をすきすぎて、できないなどの事がありますので要注意です

段差を入れれば自然と丸く内側に毛が入っていきますので
女性らしい丸いシルエットの形になります
段差を入れないと四角い髪型になったりしますので
のてっとした印象になります

髪の量が多い段差を入れる髪型がおススメです

髪の量が多い人は段差は必ず必要
段差なしの四角い髪型が好きならいいと思うが
そうでないなら言わなければ失敗されやすい
勿論下手くそがやればどっちもアウトだが
まあ基本段差を入れれない美容師が多いので
「段差を入れるとはねますよ」と言われるのがオチだが!

まあ入れすぎるとはねやすくなるのも確かですが

ボブにロングでも、ミディアム、ショートでも段差は必要です

段差を要れないと四角いのてっとした髪型になる

じゃ髪が多い人が段差を要れないとどうなるかというとこうなります

見て分かる通り下の髪の毛が多い被さっている状態ね!
これが段なしの髪型!
四角いシルエットで中は無駄にスキバサミが多用されている状態
毛先も梳きバサミの後でスカスカが見える
これを段差を要れるとこうなります

どっちがいいかなんて言わずともわかると思います
段差を要れることで髪の量も軽くなり丸い髪型になるのです
※この方は縮毛矯正をしているのでかなり丸くなりずらいですがある程度丸くしてご自身でできる程度のアイロンを表面にしています
矯正毛の場合は相談してショートにした方がいいです

髪が多い人の事例

毛量がかなり多いですね
この方をむやみに量を梳くと確実に失敗します
なのでしっかり段差を要れたスタイルをするとちゃんとコンパクトに髪型になるという事です

こんな感じです!
かなりコンパクトになって軽さも出ましたね
後は好みによって梳きバサミを使ってもいいと思いますよ!
梳きバサミは必要な時に使って必要ではない時は使わないが大事です!

むやみにすきバサミは使わない事

基本的には梳きバサミは好み、スタイルで使うか?決まります
なんでもかんでも使ってもいいという代物ではありません
使いすぎると先ほどの写真のように毛先だけヒョロヒョロになりますし
まとまるものもまとまりません

カットいうものはまずきっちりカットをして段差を要れて量感を調節します
最初からつかうといった行為は変態的に上手い美容師しかおそらくしません

段差もカウンセリングの段階で入れたくないのであれば相談して段差を要れていく
もしそれでも重たいのであれば梳きバサミを使用していくといった事です

カットをして必要であるならば使うが正しいカットだと思っています

髪が多いからと過度にすきバサミに頼っては髪が痛むだけですのでご注意くださいね!

梳きバサミに関してはこちらをご覧ください

髪が多い人はこちらをご覧ください


髪は正しい技術で綺麗になります

現代の間違えた施術で髪が痛む!そんなことが起っているもう美容室は世紀末時代に突入している!!
やばいよやばいよ!

  • 本当は髪が痛むヘアケア―
  • 流さないトリートメントの真実
  • シャンプートリートメントの目的
  • カットで髪が痛む!!?
  • サロントリートメントが髪を痛ませる!
  • 正しいヘアケア―を覚えよう!
  • もう騙されない美容室でのいらないメニュー

とそんな髪の正しいヘアケー知識!

正しい技術と正しいヘアケア―で髪は変わっていく物です!
なので美容師とあなたと一緒に髪を綺麗にしていくのです!!



正しいヘアケア―知識まとめ

情熱を込めたホームページはこちら

アメブロ記事のビフォ―アフター

良かったらフォローしてね!

ご予約はコチラ

ご予約はLINEかメールで24時間
受け付けております

電話では受け付けておりません

一日数名様限定です

LINEで簡単予約
登録して予約フォームから
・名前
・電話番号
・メニュー
・希望日時

で仮予約完了

⇩LINEで予約する⇩

友だち追加

メールで予約コチラ⇩

メールで予約コチラ

※サブのアドレスでも構いません
メールの場合たまに迷惑メールに入ることがありますので
返信がない場合は一度迷惑メールをご確認ください

場所

現在二つの美容室で活動しております

JR和泉府中駅徒歩5分にある美容室

(住所 大阪府和泉市府中町1-8-3)


南海なんば駅近く徒歩五分にある美容室
クラシックホテル大阪の四階

圧倒的丁寧な美容師
ヘアーカット研究科
正しい技術で髪はキレイになる!
特殊な薬剤を使わないでベースとなるカットで髪を綺麗にする!
髪質に合った適切な技術、ヘアケアで髪はキレイになる
全力で手を抜かずに髪を綺麗にする丁寧な美容師として活動中
一回目より二回目はより髪を綺麗に色々改善していき一緒に「似合う髪型」「素敵な髪型」を創っていきたい

おススメ記事

正しいヘアケア―記事

人生で一度使ってほしいと思う!シャンプー

お客様の感想

ご来店された方の感想の一部です
ダメなところ良かったところなど勿論あると思います
それを改善していい髪型を創っていけたらいいのではないかと思います
ご来店する際の参考になればと思います

目次
閉じる