美容室でのカットの注文の仕方

大阪の難波と和泉市でフリーランスの美容師をしている斉木です
髪は適切な技術をする事で綺麗になります

髪がキレイになる方法はこちら

美容室での注文の仕方

最近 とんでもないヘンテコな失敗髪型をされた人が後を絶たないです

本当に恐ろしいです

しかしこのヘンテコな頭にされたのには素人の注文の仕方に問題がある場合があります

そんなヘンテコな頭にしたクソ美容師を締め出したいところなのですが

残念かな、今は世紀末の時代ではないです
あの北斗の拳 ラオウでさえ、一発手を出すと、牢屋にぶち込まれます

現代はやられたらやり返せない!

その鬱憤をどこに晴らせばいいのか?
悩んでいる事でしょう
しかしそんな事をしてはならない
「やり返しを考える時点で成長していない」という言葉があるように
何も変わらないのである

二度とそんな事が起きないように
自身が美について学び

クソ美容師と最高の美容師を見分けなける力をつけるべきだと僕は思う!

自分の髪は自分で守れという事 

今回はクソ美容師を始末するためのブログではなく
自分の自身の美を勉強して失敗することのない
美容室での注文の仕方を知れる場所である

目次

美容室での注文の仕方 勘違い



軽くしたいので梳いてくださいわ アウツ!!
段は入れないでください
画像を見せてこれにしてださい


軽くしたいのですいてください


もしこれを美容室で注文したのなら
あっという間にヘンテコな髪型に大変身だ!
そしてその髪型を見たあなたはこういうのだ!「何ですかこの髪型?」
クソ美容師は平然と答える 「お客さんがすいてと言ったからじゃん?要望通りすきましたよ」
はいくそ美容師決定

人間の心理で自分が公言してしまった事は、仕方ないかぁ~という心理がある


つまり自分の言った事だから仕方ないと思うのである!

こうならない為にも
何故軽くしてほしいからすいてはアウツなのかを学ぼう

まず軽くする=すくは間違い

正しくは段差を入れて軽さを調整する

段を入れずに軽くするなど失敗の原因

要は簡単に軽くしたいのですいてくださいは言わない方がいいという事
正しくは
「軽いスタイルが好きなのです、でもすいたりしてつくる軽いスタイルは好みじゃないです 」

美容師にもよるのだが、これが正しい注文だ

段を入入れないでください


これも美容室の注文の仕方の悪い例だ

段はほぼ全員入れなければならない
いま流行の外はねボブなのだがよほど髪質がいい人でなければ
あんないい感じの外はねボブにはならない
量が多いや骨格が大きく人がやると「なんじゃこりゃーどないなっとんじゃー」
となるだろう
事例はこれ
このお客さんは髪の量が多くて 少し横でっぱりがある
美容室での悪い注文をしてきたのである

「段差を入れないで外はねにしてください」

僕は言いました
「えええええええ段差をいれないのぉぉぉぉぉやばいよやばいよ!段差を入れないとあなたの髪ではヘンテコになっちゃいますよぉおお
いいのですか?」
実際こんな感じではないので安心を!
そしてきっちりカウンセリングをとってカット

こんな感じ 段差を入れて外はねにしている ドライヤーで乾かしただけ
あとはアイロンで巻けばいい感じの外はねボブになるであろう!
もちろんカットが正しいので内巻きにもなる!
もしこの髪質で段差を入れないで注文されて
そのままカットすると
段差を入れないので下にボリュームがたまりただのおかっぱになる



まあ段を入れないでくださいは言わないこと



画像を見せてこれにしてください!


確かに画像を見せるとこちらもイメージしやすいのだが

ダメな美容師にあたるとあなたの髪質に合おうが合わないがおこまいなしで
「オッケー」の一言でカットするだろう だって美容師側もこの髪型にすればいいのか?と思うし ただ単にカウンセリングがめんどくさくてそのままカットするから 
こんな美容師めちゃくちゃ多いよ!


するとどうなる?

髪質に合っていれば大丈夫だが
髪質に合っていなければ変な頭になるに違いない

画像が見せたほうがいいのは確かだが
そのあとにどうして?このスタイルにしたいかを行った方がいいだろう

例えば 「本当はあんまり短くしたくないけど、トップにボリュームを出したいので このショートにしてくださいというと」
できる美容師なら「別にショートにしなくても、こんなミディアムならボリュームをだせるよ?どう?」
となる 結果短くせずにボリュームを出せる
だがクソ美容師がするとそのままカット
それが髪質にあっていないなら失敗

美容室での注文の仕方が大事な理由がこれでわかっただろう

美容室での注文の失敗事例







美容室での注文の仕方 悪い例
お客さん 段差は入れないでください」といった結果こうなったらしい
下には段差がゼロ、襟足短くてかぶっている状態 スカスカ
トップに変な段差が入っていて まとまりずらい

正しい美容室での注文の仕方は
「丸くしてほしいです、でもあまりすきたくないです」の方が伝わりやすい+イメージとなる画像とかもあり!
ここで丸くするなら段差を入れたほうがいいという事だけ覚えておこう
あまり段差を入れすぎるとタイトな感じになるので注意が必要!

という事なので
まずはどれくらいの段差を入れていいか確認
毛先は少し軽めがいいので、丸さがでて軽くなるほどの段差を入れる
前回めちゃくちゃすかれてるので、すかなくてオッケ!(あまりすきたくないという注文だったもので)


正しい注文と正しい美容師を選べばあんたはの悩みは間違いなく解決する!

何度も言うが自分の髪は自分で学ぶ
美を学べばすべてが上手くいく
キレイになれば周りにちやほやされたり
外にも出かけたくなって外にいく
いろんなことに出会う

出会った先でまた新しいものを見つけ人生を楽しむことだってできる
もちろんモチベーションも上がり
仕事も上手くいくこともあるし
家族からは最高の女性として敬われるだろう

心理学観点からキレイにしている人は潜在的に人は優しくなる傾向があるので
得をする事だってある

美を学べばすべてうまくいく!はあながち間違いではないであろう!
美を学ぶこと
それが今の現代を最高に生きる術だ!


あなたに教養を身に着けてくれる美容師を見つければいいのだが少ないのが現状
運が良ければそんな美容師に出会えるだろう

探すのがめんどくさないのなら
僕のところに来れば大丈夫だが

でもあなたの事信用できない!!
本当なのかよ!!
よしなら下記にあるホームぺージを是非見てください!

そこら辺の美容室のホームページとは全然違いますし
情報が豊富ですので来るか来ないかの判断しやすいです!

まぁ来ないとしてもあなたにとって必ず役に立つ情報もあるので一度見ていかれてわどうだろう!
見てくれると僕もうれしい!

髪は正しい技術で綺麗になる



髪は適切な技術で綺麗になります

間違えた施術をしてしまうとせっかくのいい商品なのに
逆効果!

髪を綺麗にする為にはそんな適切な方法が必要です

当サービスでは髪に無駄な事はせず全力で手を抜かず髪に合った方法を見極めて
施術していきます

特に髪の綺麗のベースはカットだと思っています
どんなに優れたトリートメントでもカットがダメならまとまりませんし
パサつきも直りません

カットが綺麗のベースとなりそこから必要に応じて
トリートメント、ヘアケア―、カラー、縮毛で髪を綺麗にしていくのです


ホームページはこちら

ご予約はコチラ

ご予約はLINEかメールで24時間
受け付けております

電話では受け付けておりません

一日数名様限定です

LINEで簡単予約
登録して予約フォームから
・名前
・電話番号
・メニュー
・希望日時

で仮予約完了

⇩LINEで予約する⇩

友だち追加

メールで予約コチラ⇩

メールで予約コチラ

※サブのアドレスでも構いません
メールの場合たまに迷惑メールに入ることがありますので
返信がない場合は一度迷惑メールをご確認ください

場所

現在二つの美容室で活動しております

JR和泉府中駅徒歩5分にある美容室

(住所 大阪府和泉市府中町1-8-3)


南海なんば駅近く徒歩五分にある美容室
クラシックホテル大阪の四階

目次
閉じる