白髪染めで髪を極力痛ませない!正しい白髪染め

大阪の難波と和泉市でフリーランスの美容師をしている斉木です
髪は適切な技術をする事で綺麗になります

髪がキレイになる方法はこちら

白髪染めで髪を極力痛ませないようにする正しい白髪染め
今日はそんな正しい白髪染めについてお話していきましょう

ちなみにほとんどの美容室が正しい白髪染めでない場合が多いので気を付けましょうね

これが正しい白髪染めだ!!について書いてあるので
白髪染めで極力痛ませたくなければ 読んでみてください
それ以外はそっと静かにぺージを閉じてください

白髪ってうっとしいですよね
まじで撲滅したいと思います

でも毎月白髪を染めるもんだから

どうしても頭皮や髪の毛のダメージが気になる

白髪染めで髪は痛ませぬようにしたい!

目次

白髪染めの問題


頭皮のダメージと髪の毛のダメージ

頭皮なら負担をかけすぎると 染みたりするし
白髪染めをするたびに染みて 

それを我慢しなくちゃいけなくなるし
赤くはれたり かゆくなったりそのあとが大変

髪の毛のダメージなら髪はダメージすると乾きにくくなったり

パサパサしたり 髪のまとまりが悪くなったりしします

白髪染めで間違った方法で白髪染めのカラーをすると
とんでもないことになります


髪がバサバサ まとまりづらく 色もまだらに染まる

縮毛矯正やパーマなどができない!

何てことざらにあるし

激やば美容師にあたるととんでもない失敗をされます!

ちゃんとリサーチしてきちんとした美容師に任せた方が身のため

僕のところでは頭皮のダメージをなるべく抑え 髪の毛のダメージも極力
ダメージさせない白髪染めをしている
まあ興味のあった人はホームページを見てもらえたらわかるだろう

白髪染めをしないパターンのデメリット!

ダメージするからと言って
白髪染めカラーをしないなんて事はイヤだろう

僕も外に出ると見かけるが

白髪染めをしてない人 やはりそんな人は自然と目に入り
気になる

「白髪染めてあげるから来なよ」と言いたくなってしまう!

まあそんなことを言ったら大きなお世話!と言われてしまうのでやめておこう!

まあ案外人はそういうところは見ているという事

陰で白髪の人とは呼ばれたくないだろう!

特に子供は遠慮なしで言ってくるので怖い!!

あなたの目の前に白髪が出ている人を見るとどう思うだろうか?

しかも色もまだらで髪の毛もパサパサ

きっともしかして私もあんな感じ?と思うだろう

そうならない為にきちんと一カ月じゃなくてもいいから
二カ月ぐらいで白髪染めして
尚且つ頭皮や髪のダメージに気を付けたほうがいいだろう

白髪染めをするという事は気を付けなければならない点



ダメージと頭皮のダメージ

こいつを正しい方法で白髪染めしてあげればいいという事

しかしこの正しい白髪染めの方法が出来ていない事が

非常に多い

特にダメージ

これは

無計画なカラー

技術不足

正しいカラーをしていない

無計画なカラー


白髪染めをするとき毎回毛先までやってしまう!

これは非常にダメージがかかる

正しい方法でカラーすれば少しマシだが

その正しい方法をしていない美容師が多い

なぜ全体を染めたいか?が重要

僕の場合は

なぜ全体を染めたいのか?を聞く

その理由によってやるかやらないかを決める

全体を白髪染めするなら なるべく痛ませない方法で白髪染めをする

それをするだけで今後の髪の毛のダメージが変わるし

変に暗くなったりすることがなくなる!

その正しい方法を知る美容師に任せるのがいいだろう

あとは全体を染める理由がなんとなくだとやめたほうがいい


どのみち色落ちするし
ダメージもする

何かイベントがある日だとか
気分を少し変えたい ならいいが

なんとなくした方がいいかな?ではやめておたほうが今後の為だ!

技術不足


これは単純

美容師の技術不足

近年美容師業界は低価格の美容室の増加により
技術の短縮が行われている

その為早く塗る方法を教えられたり
薬剤では早く染まる白髪染め つまり刺激が強い
染まりは速いがダメージがでかい

そしてスピード優先なので本来必要なカラー後の処理をしていない

誤魔化す手段としての被膜トリートメントで誤魔化す

こんな感じだ

なので雑に塗られたりしたことってないだろうか?

カラーで痛むの原因は脱色である

脱色というのは髪を明るくする事

髪を明るくするカラー剤にはすべて含まれている

それがないと髪を明るくすることができない

この脱色は基本カラーをしたところは一度だけの脱色がベストだ

そこを下手な美容師がカラーを塗ってしまうと

一度塗ったところを重ねてしまいダメージする事となる

つまり脱色を二回する羽目になる!

こういったところも非常に髪の毛に影響することを覚えておこう

痛ませたくないならあまり低価格帯の美容室は避けたほうがいいだろう

スピードを求める人は断然おススメだが!

正しい白髪染めをしていない



他のサロンでは基本トリートメントでサラサラにする場合が多い

しかしこれは人によって逆にダメージする場合がある
詳しくはホームページで

僕のところでは他店では基本できないであろう白髪染め方法をしている


カラー調合は特殊な調合
薬剤と髪の毛についているある成分の科学反応で髪が
痛むと言われているそれを抑える調合

カラ―前の乳化という工程
これは頭皮の薬剤を落としやすくする為
頭皮の負担を和らげる+髪の色を馴染ませる

カラーシャンプ―後の適切な処理
カラー後に残留しているアルカリというものを除去する
処理 これが残っていると髪にダメージする

このアルカリが残っている時にトリートメントをすると痛みます!
簡単に説明するとトリートメントは要するに髪の毛を覆うものそれで手触りをよくしている しかしカラー後にはアルカリが残っているこいつを外に出したいのにトリートメントで覆っているという事はこのアルカリが外に出れない状態
つまり嫌いな奴と閉じ込められた部屋で二人きりという極めて不快な状態
髪の毛もそれと同じ!
本物のトリートメントのみ使用薬剤!

適切な処理をした後に髪の毛のバランスを整えるトリートメント
これは主に髪を覆う被膜トリートメントではない為
ダメージに問題なし
※被膜とは簡単に言えばコーティング この被膜の力が強いと危ない!

これも本物のトリートメントのみ使用


そして使用するカラー剤は地肌をなるべく刺激を少なく尚且つ極力ダメージさせない設計をしているカラー剤を使用
効果は使い続けるとわかる もしわからなければやめたらいいと思う
人生で一度やってほしいと思う!

これが僕が思っている正しい痛ませない白髪染めのカラー方法

白髪染めでなくてもオシャレ染めでも同じ!

積み重ねで髪はキレイになっていく

しかしこういった方法をしてないところが多い

他ではやっていない正しい白髪染め方法!



理由は薬剤コストと時間

それはそうだろうね

低価格の美容室なんかはカラーにこんだけ時間のかかる事をしていると
成り立たないし 
高価格サロンでもやっていないところもあるぐらい

あとは薬剤コストがかかる事
これだけの事をするからやはり結構コストはかかったりする
だからあんまりやらない それなら被膜トリートメントをしたりするところが多いのじゃないのか

そのほうがコストも多少少ないし
本当は痛むけどお客さんの前では髪の毛が回復しますとか言っているところもあるくらいだからね

覚えてほしい事があるのだが髪は死滅細胞
二度と回復しないという事はおべておこう

変な美容師に騙されないように美の知識を纏うそれが
一番いい方法!

おススメブログ

ホームカラーは痛む?手遅れになる前に知っておこうぜ!

髪は正しい技術で綺麗になる



髪は適切な技術で綺麗になります

間違えた施術をしてしまうとせっかくのいい商品なのに
逆効果!

髪を綺麗にする為にはそんな適切な方法が必要です

当サービスでは髪に無駄な事はせず全力で手を抜かず髪に合った方法を見極めて
施術していきます

特に髪の綺麗のベースはカットだと思っています
どんなに優れたトリートメントでもカットがダメならまとまりませんし
パサつきも直りません

カットが綺麗のベースとなりそこから必要に応じて
トリートメント、ヘアケア―、カラー、縮毛で髪を綺麗にしていくのです


ホームページはこちら

ご予約はコチラ

ご予約はLINEかメールで24時間
受け付けております

電話では受け付けておりません

一日数名様限定です

LINEで簡単予約
登録して予約フォームから
・名前
・電話番号
・メニュー
・希望日時

で仮予約完了

⇩LINEで予約する⇩

友だち追加

メールで予約コチラ⇩

メールで予約コチラ

※サブのアドレスでも構いません
メールの場合たまに迷惑メールに入ることがありますので
返信がない場合は一度迷惑メールをご確認ください

場所

現在二つの美容室で活動しております

JR和泉府中駅徒歩5分にある美容室

(住所 大阪府和泉市府中町1-8-3)


南海なんば駅近く徒歩五分にある美容室
クラシックホテル大阪の四階

目次
閉じる