髪を極力痛ませないカラーとは?他のカラーと何が違うのか?

大阪の難波と和泉市でフリーランスの美容師をしている斉木です

「とにかくこだわった技術、正しい施術で髪を綺麗に」

どんな美容師なのか?は下記の「詳しいプロフィール」をご覧ください

最強ホームケアーの知識!!

当サービスのカラーは髪を極力痛ませない様にしたカラーです!!

ハイそれで!!となるので説明しておきましょう!

この記事を見ると「なるほどだからカラーは痛むのか?
世間で言われているカラーが痛みませんって嘘じゃん
となるわけです

非常に美容室を見極める知識ですので是非ご覧ください!

目次

髪を明るくするカラー剤は絶対に痛む!!

髪が明るくなるカラーは痛みます!痛まないものはありません
黒髪から少し明るくなるカラー剤でもです!ちょっとでも明るくなる物は痛むと思ってもいいでしょう!

なので「このカラー剤はダメージレスで髪を明るくすることができます」は怪しいですのでやめましょう!

んで髪が明るくなる作用の事をブリーチ作用と言います!まあ脱色剤ですね

このブリーチ作用は髪を明るくするので市販のカラー剤でも入っていますし少しでも髪が明るくなるカラー剤でもこのブリーチ作用が起ります
逆にブリーチ作用が行わなければ髪は明るくならないという事ですよ!
つまりブリーチ作用が髪を痛ませる原因となるわけですね

現代のカラーは色味重視で痛みやすい!

まあここで現代のカラーは色味重視であったりサラツヤを優先するようにできております
これがどういうものかと言いますと?

カラーというものはまず髪を明るく脱色させます!これブリーチ作用です

でもこのブリーチ作用が弱ければ色も明るくなりにくいのです
しかし色は髪が明るいほうが綺麗に乗りやすいので色味重視という事は髪を明るくすることで色を綺麗に出しているという事になるという事です
逆にブリーチ作用が弱ければ髪が明るく脱色しないのでアッシュ系などの綺麗な色味は乗りにくいです

ブリーチなしでもこの色味が実現!超綺麗!!」というものはブリーチ作用が強いので痛みやすいという事です

何で色味が超綺麗で痛みにくいカラー剤はありません!

まあおそらくトリートメント成分を入れてその場しのぎのサラツヤを実現しているという感じでしょうか?

コーティングとなるトリートメントは髪を痛ませますのでご注意を!

詳しくはこちら

なるべくブリーチ作用が低いカラーで髪を痛ませない!

まあ髪がブリーチ作用で痛むと言いましたがそれならこのブリーチ作用を染めれる範囲だけのブリーチだけでいいじゃないのって話になるわけです


そうです当サービスはそんなブリーチ作用を抑えてとりあえず染めるだけに特化したカラーです
なのでブラウンの色味メインでございます


そもそも根元にアッシュ系の色味いりますか?ってことです
全体をするならアッシュ系でもいいけどそうではないのならブラウンの方が綺麗に馴染みます!

アッシュ系だとブリーチ作用を強くして色を入れるため!髪が痛みやすいです

カラー剤にトリートメントなど余計な成分は一切入っておりません!!
何故なら髪が痛むから!!ただ髪を痛ませない様に染めれるだけのカラーです


ただそれだけ超シンプル!!

だがそれがいい!!

そういったシンプルなカラーで髪を痛ませない様に重ねる事で髪を綺麗に保つことができるのです
べつにダメージレスではありませんよ髪は痛んでいく物です
それをいかにダメージをオシャレをしつつ極力ダメージを抑える事が出来るのか?という事でございます!


今は色味重視のカラー剤や手触り重視のカラー剤が多い!
色が綺麗なものはデザインがあってよいが手ざわり重視のトリートメント成分は個人的には要らない気がします
それなら正しいヘアケア―とか普通のトリートメントで十分だと思いますし
そもそもカラーの色素などで髪のダメージ部分を埋めて一時だけサラサラになるので必要あるのか?ってところです
ブリーチ毛なんかで色を入れていないと髪がギシギシするけど色味を入れると髪がマシになるっていうのはこの事です!

なんでカラーしたては色素が髪に入って穴ぼこをカバーしてくれているのでさらっとした感じになりやすいが色が抜けてくると髪がざらっとしてくる

ダメージを極力抑えて綺麗な色味にしたい人はこれだ!

アッシュ系やレッド系にしたい!でもブリーチしなければ色味が入らないんでしょ!

そうですブリーチしなければ綺麗な色味が入らないです!

でも一回程度ならさほど痛みません(髪質によりますが)
でもほとんどの方は一回どころではありません二回三回四回と全体カラーをして髪を痛ませているのです!

さっきも言った様に現代のカラーはブリーチ作用が多いです!
出なければ色味が入らないからですね
なんで今の髪の毛を明るくする場合はブリーチ作用のあるカラー剤の方がよいですね!

それを何回も重ねるから髪が痛むんですよ!一回明るくしたところをまたわざわざ明るくする必要性があるのか?というところです

という事で
今の髪より明るくする場合は必要だとして!
すでにある程度明るい人が今の明るさで十分!これ以上は明るくしたくない!
ただ色味を入れる場合はどうなの?
それってブリーチ作用っているの?

正解です!すでに明るくて色を暗くしたい人はブリーチ作用は別にさほど必要としません!
なんでブリーチ作用を抑えたカラーをする事で痛みを少なくしてオシャレにできるという事です!


本当はそんなカラーを使うのですがやはりコスト削減で他のサロンでは使ってはいないと思います!

バリバリブリーチ作用のあるカラー剤で色を入れておるのです!
まあ確かにそのほうが色が入りやすいのですが!そこは技術でカバーですね

なのでどんどんカラーを重ねると本来の髪の色は明るくなるという事です

今の明るさでさらにブリーチして色を入れていくので前より明るく色落ちするのは自然な事です

でももうすでに明るい方はブリーチはさほど必要ありませんからただ少しのブリーチで色味を乗せるだけ良いのです!

当サービスではそんななるべくブリーチ作用を抑えたカラ―剤で色を乗せております

まあ結構色味が綺麗に出ますぞ!

まとめ

絶対痛まないくく明るくなるカラー剤はありませんのでお気を付けください
逆に美髪成分、トリートメントの入ったカラー剤も僕は個人的におススメしません
たまにやるくらいならいいですね!

なるべく髪を痛ませたくなく尚且つカラーがしたい人は?

リタッチだけならなるべくブリーチ作用を抑えたカラー剤が痛みにくい
しかしブラウンのみだけどそれが一番髪になじみやすいのであり!
他のカラーと比べるとかなりダメージの差がある!のでおススメ!
そんな美容室を探してください!

なるべく痛ませたくないけどたまにはおしゃれしたい

髪を明るくするのならブリーチ作用あるカラー剤を使う
でもこれ一回限りもっと明るくする場合は再度する

それ以上明るくしたくなくて色を落ち着かせたいのならブリーチ作用が低いカラー剤を使う
多いのが低アルカリカラー剤などです!
※アルカリなどがブリーチ作用をコントロール

と言った感じで一回のカラーでも大事にすることが髪を綺麗に保つ秘訣です!

髪は何もしなくても痛みます!回復する事はありません!

人間と一緒です必ず老います

でも老い止める事は出来なくてもそれを遅らす事は出来るのです

それは髪も一緒です!ダメージをできるだけ抑えて痛んでいく髪を少しでも綺麗に保つ!

この考えが大事なのです!

決して髪は回復しませんし!今の髪が根本的に変わる事はありません!

そういった甘い誘惑に惑わされない様に美容室を見極めましょう!

圧倒的丁寧な美容師
ヘアーカット研究科
正しい技術で髪はキレイになる!
特殊な薬剤を使わないでベースとなるカットで髪を綺麗にする!
髪質に合った適切な技術、ヘアケアで髪はキレイになる
全力で手を抜かずに髪を綺麗にする丁寧な美容師として活動中
一回目より二回目はより髪を綺麗に色々改善していき一緒に「似合う髪型」「素敵な髪型」を創っていきたい

お客様の感想

ご来店された方の感想の一部です
ダメなところ良かったところなど勿論あると思います
それを改善していい髪型を創っていけたらいいのではないかと思います
ご来店する際の参考になればと思います

目次